B!

運転のプロがオススメする絶景満喫ポイント! 富士山とのコラボが魅力の東名「富士川サービスエリア」をご案内!

日本各地に高速道路が広がってきたことに伴い、高速道路の休憩ポイントとも呼べるサービスエリアの数も、各地で増えてきました。

現在では、地域の特色や特徴を活かした個性豊かなサービスエリアが増えてきており、単純に高速道路の休憩ポイントだけにはとどまらず、一種のテーマパークとしての要素も強くなってきました。

そんなサービスエリアの中でも、私がオススメしたいのが、日本の大動脈ともいえる「東名高速道路」(以下 東名)にある「富士川サービスエリア」(以下 富士川SA)です。

富士川SAは、日本屈指の交通量をほこる東名にあるサービスエリアであることに加えて、見どころ満載の絶景や充実した施設があるため、たくさんの方から人気を集めているサービスエリアなんです。

富士川SAが、なぜそれほどまでに人気なのか——。そして約13年間運転の仕事に従事していて、年間約6万キロ走行する運転のプロである私が、なぜ富士川SAをおすすめするのか——。今回詳しくお話ししていきます。

記事をご覧いただいて、興味を持っていただいた方は、ぜひ富士川SAを訪れてみてください。

富士川SAの場所とその歴史

東名高速道路上り線「富士川SA」手前

富士川SAは、静岡県富士市にある東名の起点「東京IC」から約130キロのところに位置する、東名のなかで起点から3番目のサービスエリアです。施設の利用開始年が1969年と、約半世紀の歴史をもつサービスエリアでもあります。

かつては、上下線で共通の施設が使用される上下線集約型のサービスエリアでしたが、2000年に上り線側の施設が新設されたことにより、現在では上下線分かれた施設で運営されています。

そんな富士川SAは、全国各地のサービスエリアに立ち寄った経験のある私が、自信をもってオススメできる、満足度の高いサービスエリアなのです。その理由をこれから詳しくお話ししていきます。

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-