B!

ぜひ立ち寄ってほしい充実度の高いサービスエリア。高速道路利用前に全国のオススメSA5選をチェック!

高速道路を走行する楽しみの1つといえば、休憩ポイントであるサービスエリア(SA)でのひととき。サービスエリアには、高速道路利用者の期待に応える施設や環境が、ギュッとつまっています。

最近は、高速道路を管轄するNEXCO各社がサービスエリア事業に尽力をそそがれていることもあり、充実度の高いサービスエリアが各地でどんどん増えてきました。

私もMobility Storyでこれまで、さまざまな路線のさまざまな地域のサービスエリアについてお話ししてきましたが、あらためてサービスエリアは高速道路の走行に欠かせないものなんだと感じております。

そんななかで、私もまだあんまりお話ししたことがない、充実度の高いサービスエリアがまだまだ全国には存在します。特に、主要高速道路は交通量が多い分、サービスエリアの利用者も多く、充実した施設を整えたサービスエリアがめじろ押しです。

今回は、まだまだいっばいある全国の充実度の高いサービスエリアについて語りつくしていきます。みなさんも、どんどんサービスエリアに立ち寄り、高速道路をより楽しく走行しましょう。

NEXCO東日本内で最大級規模、東北道「蓮田SA」

NEXCO東日本管轄の高速道路で、最も交通量の多い東北自動車道(以下 東北道)。そんな東北道の起点から最初のサービスエリアが、埼玉県蓮田市に所在地を置く「蓮田SA」です。

蓮田SAは、特に上り線が2019年7月に従来の位置より2.5kmほど東京寄りに移転され、NEXCO東日本内最大級の規模をほこるサービスエリアとなりました。

上り線の施設は「Pasar蓮田」と呼ばれ、サービスエリアに通常設置されているフードコートや売店以外に青果・精肉・鮮魚なども扱う店などもあり、幅広い品揃えで高速道路利用者に充実感を与えてくれます。

また、蓮田SAは一般道からも利用することが可能で地域住民の方の利用や、JR蓮田駅から蓮田サービスエリア行きのシャトルバスも運行されています。

この記事をシェア

B!
  • 全国道の駅情報
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-
  • 雨飾高原キャンプ場
  • LANTERN CAMPING FIELD TSUGAIKE
  • LANTERN CAMPING FIELD MORIYA | 茨城県守谷市のキャンプ場