B!

我が家の車中泊"目隠し"テクニック。プライバシーは自作カーテンで確保

車中泊の際、車内の様子が外から見えているのではと心配になったり、車の周囲を通る人の視線が気になったりすると、車内で安心して食事したり、眠ることもできませんよね。

車中泊では停車中に他の車が近くに停まる可能性がありますし、車の周囲を人が通ることもあります。特に1人での車中泊中は犯罪等に巻き込まれないためにも、車内が見えないようになにかしらの工夫をする必要があります。

そこで今回の記事では、バンを車中泊仕様にDIYした筆者夫婦が、車内で安心してゆったりと過ごすために日頃からしている「プライバシーの確保・目隠しのための工夫」について、お話ししていきたいと思います。

現在は特に対策をしていないという方や、これから車中泊仕様に車をDIYする予定のある方はぜひ記事をチェックしてみてください。

車中泊でのプライバシー問題

車中泊ですから、食事や睡眠を取るために車内で過ごす時間というのはかなり長くあると思います。

その際、周囲からの視線が気になったり、信号・街灯の灯りが車内に入ってくると落ち着かず、安心して眠ることも難しいというのが本音ではないでしょうか。

筆者も睡眠時の音や光などに敏感であることから、車内が外からまったく見えない(車内から車外の様子が気にならない)というのは、車中泊する上での必須条件のひとつでもありました。

筆者が女性ということもありますが、前後左右に窓のある「車」は、目隠し対策を何もしていない状態では睡眠を取るどころか着替えることも不可能に近く、「目隠し対策をしないと車中泊旅は成立しない」というのが、2年半以上車中泊をしてきた筆者の認識です。

また筆者は夫婦で旅をしていますが、特に1人旅の場合では「車内が丸見え状態」というのは犯罪に巻き込まれる危険もあり、リスクが高まるのではないかと感じています。

カーテンの作り方&使用する際に工夫していること

筆者のバンには、目隠し対策としてカーテンを採用しました。車内後部の左右と後方の窓には側面にスライド式のカーテンレールを取り付け、市販のカーテンをカーテンクリップを使用して吊り下げて使用しています。

また運転席と後方の居住スペースの間には、麻紐を左右に取り付けられるように金具を設置し、のれん状(上部にタブ付き)のカーテンに麻紐を通してから金具に取り付けてあります。

いずれも市販のカーテンを使用したため、長さはカットしミシンで縫うことで対応しましたが、左右の長さはある程度余裕を持たせるか、多少足りないものを選ぶ必要がありました。

そのため左右に余裕のない部分では、カーテンを閉める際に少し左右に隙間が空いてしまっています。その隙間は、カーテンを強力なマグネットで側面にくっつけるようにするなど、使用時の隙間を埋めるための工夫もしています。

カーテンは洗濯や車検の度にすべて外すのですが、中央のカーテンは車検の際には麻紐をハサミでカットして取り外し、再度つける際には新しく長さを測った麻紐をカットして取り付ける必要があります。

見た目や使用のしやすさ・取り付けやすさを重視してこの形に落ち着いていますので、現状特に不便は感じていないのですが、この手法は人によっては面倒に感じるかもしれません。

取り付けだけでなく取り外しに関しても、見た目だけではなく「自分たちが使いやすいもの」を選んで使用するようにすると良いと思います。

カーテンを付けて良かったこと

すべての窓にカーテンを取り付けたことによって、車中泊だけでなく日帰りドライブの際も、道の駅や公園等で日中に昼食を取ったり、すこしお昼寝する時にすぐ隣に車が停まっていても視線を気にせず過ごせるようになりました。

夜間外からの視線が気になるのもなかなか怖いものがありますが、日中は明るい時間帯ということもあり、中の様子がかなりよく見えるんですよね。

また天気の良い日に窓をあけて過ごしていても、カーテンを閉めておけば視線を気にすることはありません。心地よい風が車内に入ってきつつも、外の様子を気にすることなく、ベッドでゴロゴロと横になることが可能です。

そして一番助かっているのが、暑い日・寒い日の外気の侵入を緩和できること。

寒い日にはカーテンを閉めることでサイドやバッグドアの隙間から入り込む冷たい外気の侵入を緩和しています。あらかじめカーテンの丈を少し長めにしておいたのは、冷たい外気の侵入を防ぐためでもありました。

暑い夏の日にはカーテンを閉めて太陽光を遮断することで、車内の温度が上がりすぎるのを多少防ぐことができています。夏も冬もカーテンのおかげで、かなり快適に車中泊ができています。

カーテン以外にも! その他の目隠しテクニック

カーテン以外でも車内の目隠しは可能です。

筆者の車では中央部分のカーテンだけでは上下左右に多少の隙間ができてしまうため、しっかりと目隠しをするためにフロントガラスにサンシェードを使用しています。これにより正面側からはほぼ視線等を感じることがありません。

他にもバンライフ界隈では、お気に入りの柄の大きめの布を購入し、カーテン代わりに天井から釣り下げて使用している方も多く見受けられますし、車種によっては、窓にぴったりのサイズの断熱・保温効果のある「専用マルチシェード」なるものまで販売しています。

100円ショップやホームセンターなどで材料を購入し、窓の形にぴったりの貼り付けるタイプの目隠しを作ることも可能です。

車内のインテリアや予算・どの程度目隠しをしたいのかなどによって、自分に最適なものをチョイスし、まずはお試しで使用してみるのが良いのではないでしょうか。

プライバシーをしっかりと確保し、車内で安心して過ごそう

今回は、車中泊の際の「プライバシーの確保・目隠しのための工夫」についてご紹介しました。

筆者のバンでは主にカーテンを使用して目隠しをし、視線が気にならない・外から中が見えないようにしていますが、カーテン以外にもさまざまな目隠しの方法があります。工夫次第であまり予算をかけずとも、車外からの視線を遮断することが可能です。

きちんと目隠しをすることがトラブル回避にも繋がります。特に女性1人で車中泊をしている方は、しっかりとした対策をすることで安心して車中泊を楽しむことができるのではないでしょうか。

色々と準備をすることは多少の手間と時間がかかりますが、最初に対策をしておけば、あとは車中泊の際には用意した目隠しアイテムを使用するだけです。

これから長い年月をかけて車中泊旅を楽しみたいのであれば、面倒がらずにしっかりとした目隠し対策を事前に施しておくことをおすすめします。

■関連記事
【バンライフ仕様車へのDIY】冬時期の寒さ対策に行った施策とその結果
【バンライフ仕様車へのDIY】我が家はここから始めました!
簡単に真似できる! バンライフの収納に役立つ"4つ"のアイデア
夫婦の車旅のポイントは「居住性」。快適な車中泊ライフの送り方とそのアイデア
バンライフの洗濯、洗い物ってどうするの? 車中泊で使える水回り問題を解消するテクニック

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-