B!

箱根を車旅にオススメする理由と渋滞回避方法を、箱根在住の筆者がお教えします

観光地としてかなり人気の高いスポットである「箱根」は、都内からのアクセスの良さもあり、常に混み合っているイメージを持たれている方も多いと思います。

実際、都内や横浜方面、千葉や埼玉など1都3県からの観光客がかなり多く、静岡や山梨を含む関東地方からのアクセスがかなり良いですし、新幹線で箱根からほど近い小田原駅にアクセスできることから、関西地方からも観光に訪れる方が多くいらっしゃいます。

さらに芦ノ湖や大涌谷からは富士山を望むことができることから、外国人観光客にも大変人気があり、特に箱根湯本駅周辺は季節を問わず観光客で混み合っている印象です。

自然豊かで温泉もあり、飲食店やホテル・旅館も豊富。その上アクセスが良いとなれば混み合うのは当然かもしれませんね。

今回の記事では、人気観光スポットである箱根に移住して5年になる筆者が、車旅に箱根をおすすめする理由や、箱根在住だからこそわかる渋滞回避方法などをご紹介していきたいと思います。

「箱根へいきたいけど混雑するので避けている」という方、箱根の渋滞回避方法に興味のある方は、記事をチェックしてみてください。

箱根在住の筆者が「箱根」を車旅にオススメする理由

箱根は1年を通して観光客で賑わい、町内の道路も常に混雑しています。一見すると車旅には適さないように思われる箱根ですが、実は混雑している時期が多いからこそ、車での旅に適しているのです。

箱根は観光名所がたくさん! 箱根で有名な観光スポットである大涌谷や芦ノ湖などに向かったり、強羅付近に車を停めてケーブルカーやロープウェイから景色を楽しむことができます。

紅葉時期やお盆・お正月・春休み夏休みなどの長期休暇シーズンなどは、登山鉄道を始めロープウェイや海賊船などの乗り物はすべて混雑しており、乗車の際には長い列を長時間並んで待つ必要があるんです。

混雑する時期でも早い時間に車で移動したり、滞在するルートを工夫するなどすれば、ある程度混雑を避けることは可能。

せっかくの箱根旅が「待つ時間が長くて疲れた」という思い出だけになってしまってはとても悲しいですよね。

滞在中の自由度が高まるという理由もありますが、移動の待ち時間を短縮したり混雑を回避するという点でも車旅はおすすめなんです。

湯本駅前付近でお土産を買ったり、おいしいお蕎麦を食べたり。絶景スポットから写真撮影をしたり、町内にたくさんある日帰り温泉からお好みの場所をチョイスして立ち寄ったり。

箱根なら、朝から夜まで長時間めいっぱい楽しむことが可能です。

日帰り温泉は車旅に特におすすめで、あちこち巡った最後に立ち寄ることで、体の疲れや冷えを取り、芯から温まってすっきりと帰ることができます。

お風呂が終わっていれば、帰宅後はベッドに飛び込みそのまま眠ってしまってもOKなのが嬉しいですよね。

この道はよく渋滞するので気をつけて!

「箱根によく車で遊びに行く」という方ならご存知かとは思いますが、箱根のメイン道路となる国道1号は、夕方になるとかなり混み合います。特に塔ノ沢〜箱根湯本駅までは毎日のように渋滞しており、シーズン中や土日祝日などは「大平台付近からまったく動かない・・・」、といった事態になりかねません。

大涌谷や仙石原、芦ノ湖や強羅を車で散策したあと箱根湯本まで戻る予定がある場合は、14時には現地を出発し、遅くとも15時すぎには湯本に到着できるよう、調整をするのがおすすめです。

万が一時間が遅くなってしまったという場合には、場所によってはかなり大回りにはなりますが、芦ノ湖から旧道か新道を利用する方が、国道1号を使うよりスムーズに湯本に辿り着くことができます。

迂回路や渋滞回避方法が限られている箱根では、「移動は早めに」が基本です。できれば自分が予測するより2時間程度早めに行動しましょう。早めに行動することが1番の渋滞回避方法となります。

箱根が最も混むのは「紅葉時期」

余談ですが、実は箱根が1番混み合うのはお盆でもお正月でもありません。1番混雑するのは「紅葉時期」です。

紅葉時期は必ず平日に訪れるようにするか、土日祝日(特に11月頭の連休)は、名所も飲食店も道路も、すべて混み合っているというのを理解した上で訪れるようにしましょう。

またお正月は「箱根駅伝」があるので通行止め区域などが発生します。こちらも事前に把握しておくことで、渋滞回避に役立つかもしれません。

たまには旅館やホテルに泊まってゆっくりするのもアリ

ホテルの部屋から眺める芦ノ湖と海賊船


箱根町内には、公式に認められている車中泊スポットがかなり少なく、数も限られています。そのためこの記事でも、日帰り旅プランやおすすめスポットをご紹介してきました。

しかしみなさんご存知のとおり、箱根には数多くの素敵なホテル・旅館があり、宿泊すれば温泉や料理をゆっくりと楽しむことが可能です。

「キャンプ場で車中泊する予定だったけど、運転や箱根散策で疲れてしまった」という場合でも、当日予約可能なホテルもあります。ぜひ無理せず、時間の許す限りのんびりと部屋や温泉で過ごし、疲れを取ってくださいね。

上手に渋滞を回避して楽しい箱根車旅を!

今回は、箱根在住の筆者が、車旅に箱根をおすすめする理由や、箱根在住だからこそわかる渋滞回避方法などをご紹介しました。

「箱根は車で行くと渋滞が…」という方がいらっしゃるのも知っていますが、筆者は普段から裏道を使っているということはないのですが、最近では車で出かける際に渋滞に巻き込まれる機会はほとんどありません。

箱根に住んでいると自然と混み合う時間や道を避ける習慣ができます。食事の時間や帰宅時間が重なってしまうことで渋滞に巻き込まれますので、ほんの少し時間をずらす、別のルートを利用してみるなど、さまざまな対応を試してみましょう。

そうすることが渋滞回避に役立ち、渋滞のストレスを半減し、思いっきり旅を楽しむことができるのだと思います。

ひどい渋滞に巻き込まれたことがあり箱根を避けていたという方や、秋の紅葉シーズンに箱根に滞在予定の方などは、ぜひ今回の記事を参考に、「箱根車旅」を心ゆくまで楽しんでみてくださいね。

■関連記事
我が家の車中泊"目隠し"テクニック。プライバシーは自作カーテンで確保
【バンライフ仕様車へのDIY】冬時期の寒さ対策に行った施策とその結果
【バンライフ仕様車へのDIY】我が家はここから始めました!
・箱根を車旅にオススメする理由と渋滞回避方法を、箱根在住の筆者がお教えします
日帰り車旅の目的地に箱根を選んだら...。車で巡るモデルコースを箱根在住の筆者が案内します
簡単に真似できる! バンライフの収納に役立つ"4つ"のアイデア
低価格だけど全部揃う! 車中泊の調理器具におすすめしたい「カクセーのキャンピング鍋 8点セット」
旅行シーズン到来! 秋の車旅におすすめしたい「関東近郊の観光スポット」3選
夫婦の車旅のポイントは「居住性」。快適な車中泊ライフの送り方とそのアイデア
バンライフの洗濯、洗い物ってどうするの? 車中泊で使える水回り問題を解消するテクニック
格安で食材がそろう「業務スーパー」車旅での活用方法
休日(週末)バンライフ歴2年半で、これまでに経験した車中泊旅のトラブルとは?
【休日バンライフの始め方:前編】休日バンライフ歴2年半の筆者が考える「バンライフ・車中泊の必需品」とは
【休日バンライフの始め方:後編】休日バンライフに持参してよかったアイテム&便利だったもの5選!
夏時期にオススメしたい車中泊スポットと、暑がり夫婦の車中泊先の探し方

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-