B!

三菱のPHEVは「アウトランダー」だけじゃない! 同じクロスオーバーSUVの「エクリプス クロスPHEV」その魅力

三菱自動車(以下 三菱)のPHEV と聞かれると、「アウトランダーPHEV」と答える方がほとんどかもしれません。アウトランダーPHEV は、2021年度のPHEV国内販売台数No.1を獲得した、まさに時代を代表する一台と称するにふさわしいPHEV です。

しかし、三菱にはもう一台、PHEV がラインナップされています。それが「エクリプス クロス(ECLIPSE CROSS)PHEV」です。アウトランダーPHEV は2021年のPHEV国内販売台数No.1ですが、No.2はエクリプス クロスPHEV なのです。今回、三菱からエクリプス クロスPHEV をレンタルし試乗、その走りや機能を実際に体験してきました。

フロントフェイスから迫力満点でラグジュアリーな高級感が漂うアウトランダーPHEV に対し、よりスタイリッシュでクーペのような見た目のエクリプス クロスPHEV。どちらもクロスオーバーSUV で、三菱が自信を持って送り出したPHEV であり、どちらを選ぶかはユーザーの好みや重視するポイント、価格によるところが大きいのではないでしょうか。

PHEV に興味があるという方や、アウトランダーPHEV とエクリプス クロスPHEV のどちらかで迷っているという方に向けて、アウトランダーPHEV との比較、車旅にオススメのポイントとともに、エクリプス クロスPHEV の魅力をご紹介します。

「PHEV」とは?

「エクリプス クロスPHEV」の魅力に触れる前に、まずは「PHEVって何?」というところを先にお伝えします。

「PHEV」とは?

PHEV とは、プラグインハイブリッド車のこと。Plug-in Hybrid Electrical Vehicle の略称が PHEVです。

充電用のコンセントを使って外部から車体にプラグを挿し(Plug-in)てバッテリーをチャージ。充電ができるHV(ハイブリッド車)、それがPHEVです。

なお、三菱は PHEVという名称ですが、PHV(Plug-in Hybrid Vehicle)という名称を付けているメーカーもあります。PHEV とPHV の違いは、Electricalの「E」が付いているか、いないかという点でクルマの性質に違いはありません。

PHEV は、ガソリン車と電気自動車の良いところをとったハイブリッド車と言えます。三菱には「アウトランダーPHEV」と「エクリプス クロスPHEV」の2車種が PHEVでラインナップされていて、その2台が2021年のPHEV国内販売台数の1位と2位になっています。

PHEVならガソリンと電気、両方で走れて経済的

「エクリプス クロスPHEV」は、ガソリンと電気の両方で走ることができるハイブリッド車ですが、それぞれの燃費を見てみると、

■ハイブリッド走行時
・JC08モード:18.6km/L
・WLTCモード:16.4 km/L
■EV(電気)走行時
・JC08モード:65 km
・WLTCモード:57 km
となっています。

「JC08モード」は日本独自の試験方法で「WLTCモード」は国際的な試験法。WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の3つの走行モード毎の燃費を知ることができ、走行環境に応じた省エネ性能の高いクルマを比較する際の参考の一つにできるものです。

今回のレンタル期間の走行データから燃費を計算すると、ガソリン・バッテリー充電満タンの状態から約300km を走行し、返却前に入れたガソリンは約26L。燃費は11.5km/L ほどという結果でした。
(走行以外にバッテリーが少なくなった時に、エンジンで発電して充電するというPHEV だからできる充電も行ったため、上記はあくまでも参考値となります)

仮にバッテリーが切れても、自動でハイブリッド走行に切り替わるから安心

近所へのお買い物や通勤等の日常での実際の使用シーンでは、自宅で充電した電気(EV走行)だけで走ることができるため、非常に経済的です。

充電方法は3つあり、一つは「エンジンで発電しての充電」で、もう一つが自宅車庫などでできる「普通充電」、そして3つ目が「急速充電」です。普通充電(200V)で残量ゼロの状態から満充電まで約4.5時間、急速充電では約25分で80%まで充電できます。

静岡県にある道の駅「朝霧高原」のEV急速充電器コーナー

三菱の販売店やコンビニやショッピングセンター、道の駅やサービスエリア等、充電できるスポットは豊富にあるので、ドライブ計画に休憩兼充電スポットをいれておけば、ロングドライブにも対応可能です。宿泊施設で充電すれば、旅先でも電気(EV走行)だけで走って観光地を巡ることが可能になります。

仮にバッテリーが切れてしまっても自動的にハイブリッド走行に切り替わるため、安心してドライブや車旅を楽しめます。

この記事をシェア

B!
  • 全国道の駅情報
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-
  • 雨飾高原キャンプ場
  • LANTERN CAMPING FIELD TSUGAIKE
  • LANTERN CAMPING FIELD MORIYA | 茨城県守谷市のキャンプ場