B!

富士急に新たな絶叫エンターテインメント! 日本最長!?の絶叫スライダー「FUJIYAMAスライダー」

山梨県富士吉田市にある「富士急ハイランド」で、2022年7月22日(金)から新たなアクティビティを楽しむことができます。富士山を一望できる絶景展望台として人気の「FUJIYAMAタワー」の展望デッキから、一気に滑り降りる日本最長の絶叫スライダー「FUJIYAMAスライダー」です。
※スライダーの長さは、富士急調べ。

FUJIYAMAタワーは、2021年7月に誕生したばかりで、地上55mの展望デッキから遮るものが何もない環境で富士山の雄姿を臨むことができる絶景スポット。FUJIYAMAスライダーは、その絶景スポットの展望デッキから滑り降りるという富士急ハイランドの新たなアクティビティです。

55mの高さからスライダーで急降下する新たな絶叫エンターテインメント

「FUJIYAMAスライダー」は、地上55mの高さにあるFUJIYAMAタワーの展望デッキから専用のスライディングマットに足を入れて寝そべり、全長120mのコースを一気に滑り降りるという新たな絶叫エンターテインメント。

地上までの所要時間はわずか20秒で、新感覚のスリルを味わえるアクティビティです。利用料金は、ハイシーズンが1,200円、レギュラーシーズンが1,000円、オフシーズンが800円となっています。

富士急ハイランドでは、FUJIYAMAタワー、FUJIYAMAスライダーの他に、FUJIYAMAウォークもアクティビティとして人気です。FUJIYAMAウォークでは、手すりのない通路を、ハーネスを装着して周回するのですが、その横をキングオブコースターの FUJIYAMA が通過するスリルを味わえます。

なお、富士急ハイランドの公式Twitterでは、6月24日~6月30日(木)の期間、「イラストで一言!」という大喜利キャンペーンを行っています。10個の優秀作品の中からFUJIYAMAスライダーのオープン後に来場者投票でグランプリが決定するそうなので、FUJIYAMAスライダーとともにキャンペーンも楽しまれてはいかがでしょうか。

■あわせて読みたい
車中泊OK! 最寄りの日帰り温泉とあわせて車中泊ができる山梨県の道の駅をチェック

この記事をシェア

B!
  • ASOMOBI
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-
  • 雨飾高原キャンプ場
  • LANTERN CAMPING FIELD TSUGAIKE
  • LANTERN CAMPING FIELD MORIYA | 茨城県守谷市のキャンプ場