B!

冬の車中泊の必需品とは? 寒さ・結露対策と「冬だから気をつけてほしいこと」

寒い冬時期の車中泊は、寒さを乗り越えるための対策であったり、車内で暖かく過ごすがために発生する結露をどうするかなど、冬ならではの悩みがたくさんあると思います。

筆者は寒さ・暑さに弱く、冷え性なこともあり、DIYの時点から夫婦で試行錯誤しながら、さまざまな工夫を施してきました。

今回の記事では、寒い季節の車中泊を数多く経験してきた筆者がおすすめする、冬の車中泊の寒さ・結露対策における必需品をご紹介していきたいと思います。

「冬の車中泊の必需品」とは

「冬の車中泊の必需品」と聞くと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。

真っ先に思いつくのが寒さ対策として使えるアイテム。冬用の厚手の布団や寝袋、車内で過ごす際の暖かい服、暖房器具や温かい食べ物など、「体を温めるためのアイテム&アイデア」が数多く存在します。

その他では、さまざまなアイテムを駆使し車内でひと晩を暖かく過ごすことで、当然ながら車内には結露が発生します。結露を放置したままで過ごすのはかなり不快で、なにかしらの対策が必要です。

そんな「冬の車中泊の寒さ・結露対策」について、筆者が必需品と考えて常に使用しているものや、DIYの時点で施した工夫の中で特に効果があったと考えている点が、以下のようなものとなります。

車内の「結露対策」、一番効果があったのは?

車中泊の際、狭い車内で人が発する呼気や汗が結露となり、車のサビやカビの原因になります。

サビやカビが発生する前であっても、当然結露の発生した車内でそのまま過ごすことはかなり不快な状態となりますので、対策が必要になります。

筆者夫婦は、バンを車中泊仕様にDIYする際に、あらかじめ壁面に断熱材を使用することである程度の結露を防げるようにしました。

実際この「断熱材の使用」が、寒さ・暑さ、結露対策に一番効果があったと考えています。

これからDIYカスタマイズをする予定がある方は、ぜひケチらず面倒くさがらずに、断熱材を壁面や天井にしっかりと使用することをおすすめします。

実際に車中泊を開始してから追加で購入した結露対策グッズは、乾燥スタンドつきで無限に使用することができる無電源タイプの除湿機。

電源は不要で車内に転がしておくだけでよいので、「常に車内に置いておき、湿気をたくさん吸ったら自宅に持ち帰って乾燥スタンドに立てて乾燥させ、また車に戻す」を繰り返して、車内で便利に使用しています。

乾燥スタンドは1つあれば、除湿機本体をいくつでも乾燥させることができます。除湿機本体を2〜3個購入して車内の隙間に常に置いておくことで、しっかりと除湿ができていると思います。

そこまで金額も高くなく、繰り返し使うことができるのでかなりおすすめです。

その他では、当たり前のことながら窓やドア内側につく結露をすぐに拭き取ってしまうことが結露対策としてかなり有効です。筆者は結露を拭き取ることも考えて、常にタオルを複数枚車に積んで持ち歩くようにしています。

車内の窓についた結露をさっと拭き取ることができるので即効性がありますし、目に見えて結露がきれいになりますので、安心して車中泊を楽しむことができますよ。

Amazon:https://amzn.to/3lK6Ha7

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-