B!

【キャンピングカー購入HOW TO②】自分に合ったキャンピングカーの選び方を教えます!

キャンピングカー選びのポイントは、まず自分が「キャンピングカーをどう使いたいか」をイメージして、「キャンピングカーに求める条件」を明確にすることです。

要素として重要なのは、「ボディサイズ」「就寝定員」「乗車定員」「内装レイアウト」の4つ。そこに、自分が「キャンピングカーに求める条件」をあてはめていけば、もっとも理想に近い1台を絞り込むことができます。

例えば、「自走式立体駐車場に入れるクルマ」が条件なら、高さがあるキャブコン、バスコンは候補から外れます。「家族6人が寝られるクルマ」が条件なら、就寝定員が5人以下のキャンピングカーは選べません。「全員が前向き乗車できるクルマ」が条件なら、横向きシートや固定式対面シートのクルマは候補から外れます。

キャンピングカー選びの4大要素

ボディサイズ

ボディの大きさは、キャンピングカー選びでもっとも重要なポイント。都市部でファーストカーとして使用するなら自走式立体駐車場に入れる全高2.1m以下のモデル、居住性と機動性を両立するなら全長5m×全幅2m以下のモデルといったように、自分の使い方や駐車場の大きさ、セカンドカーの有無などによって、選べるクルマのサイズは変わってきます。全長3.4mほどの軽キャンパーから全長7mを超える輸入モーターホームまで、キャンピングカーのボディサイズはさまざま。自分の求める条件に当てはめて、消去法で候補を絞りこみましょう。

就寝定員

キャンピングカーを選ぶ際は、使用する人数分以上のベッドスペースが確保されていることが絶対条件です。就寝定員以外に、常設タイプや展開タイプ、ダブルベッド、シングルベッド、子供サイズのベッドなど、ベッドの構造やサイズにも注目しましょう。「実際に横になってみたら狭かった」「ベッドを展開するのが思ったより面倒だった」「ベッドを展開すると荷物が置けなくなる」など、体験しないとわからないもことも多いので、購入前に車両を見学してベッドのサイズや使い勝手を確認するのがお勧めです。

乗車定員・乗車姿勢

キャンピングカーを使用する人が全員乗れる乗車定員であることはもちろん、リアの乗員がどのような姿勢で着座するのかもチェックしておきたいポイントです。キャブコンに多い固定式の対面シートや2人旅仕様のバンコンに多い二の字&コの字ソファの場合、リアの乗員は横向きや後ろ向きで座ることになります。横向きや後ろ向きシートだと疲労が大きく、クルマ酔いの原因にもなりますので、大人数で乗車する機会が多い人、移動時の快適性を求める人は、全員が前向きに乗車できるクルマを選ぶのがベターです。

内装レイアウト

キャンピングカーの内装レイアウトは、夫婦での使用を想定した「2人旅仕様」、ファミリーでも快適に生活できる「ファミリー仕様」、ペット連れの旅に特化した「ペット仕様」など、ユーザーのニーズに合わせて多彩なバリエーションが用意されています。自分の使い方(キャンプメインか、クルマ旅メインか、趣味がメインか、ペットとの旅がメインかなど)を明確にして、それに合ったレイアウトをチョイスしましょう。

キャンピングカー選びのポイントは「家を建てるのと同じ感覚を持つ」こと!

家を建てる際には、先々の環境の変化まで見据えて間取りや装備を決めていくのが一般的ですが、キャンピングカーを選ぶ際にも同様の感覚が必要になります。

例えば、小さな子供がいるファミリーが、購入時点でジャストサイズのキャンピングカーを選んだ場合。5年もすれば子供はどんどん成長し、購入時に「広い」と思っていた車内もあっという間に狭く感じられるようになります。逆のケースとして、家族と一緒に出かけるために大型のキャンピングカーを購入したのに、子供たちが大きくなってほとんどついてこなくなり、広すぎる室内空間を持て余してしまうといった話もよく聞きます。

ライフスタイルは、時間と共に確実に変化していきます。「長く付き合うクルマ」だからこそ、購入時点の環境やライフスタイルだけではなく、「5年後、10年後のライフスタイルまで見据えてクルマ選びをする」のがポイントです。

購入前にレンタカーで体験してみよう!

「百聞は一見にしかず」という言葉どおり、いくらカタログやネットの情報を読み込んでも、実際に体験してみないことには、キャンピングカーの本当の魅力やメリット・デメリットはわかりません。

あとで後悔することがないように、キャンピングカー専門のレンタカー業者で購入候補と同じ車両をレンタルしてみるのもお勧めです。レンタカーなら、動力性能、ブレーキ性能、コーナリング性能、乗り心地などを長時間に渡って体験できるほか、キッチンやダイネット、ベッドなどの使い勝手やカーゴスペースの積載量などを、実際に使用しながら確認することができます。

キャンピングカーを所有しているのと同じ感覚を味わえるレンタカーは、購入希望者にとって強い味方。レンタル料金を支払ってでも、体験してみる価値は十分にあります。

【関連記事】
【キャンピングカー購入HOW TO③】アナタにピッタリのキャンピングカーは? ニーズ別ベストチョイスはコレ!
【キャンピングカー購入HOW TO①】どこで売ってるの? 注意点は? キャンピングカーの買い方を詳しく解説!

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック