B!

「道の駅」ファンが訪れている地域別ランキング。関東では「富士吉田」、北海道では人気の「なないろ・ななえ」等がランクイン!

道の駅ファンに向けた会員制サービス「道ゆき」を提供するゼンリンは、道ゆきを利用する道の駅ファンが実際に訪れている道の駅の、地域別チェックインランキングを発表しました。

道の駅愛好家が訪れる通好みの道の駅は、どの道の駅なのでしょうか? 地域別の道の駅チェックインランキングを確認し、今後の旅プランに組み込んではいかがでしょうか。

※キャッチ画像はイメージです。

北海道・東北・関東エリアの人気の道の駅ランキング

北海道では道南エリアの「なないろ・ななえ」がトップ

北海道では、道南エリアにある「なないろ・ななえ」がトップとなりました。「なないろ・ななえ」は七飯町にあり、七飯町は西洋式農法発祥の地です。酪農も盛んで牛乳や乳製品を加工したチーズなどが生産されています。アクセスは、JR函館駅から車で約40分、函館空港から約20分、道央自動車道「大沼公園IC」から約30分。

なお「なないろ・ななえ」は、トリップアドバイザーの2020年人気の道の駅ランキングでも北海道エリアで1位に選ばれています。

北海道エリアの第5位までのチェックインランキングは以下の通り。

第1位:なないろ・ななえ
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/donan/post_120/
第2位:流氷街道網走
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/doto/post_105/
第3位:サーモンパーク千歳
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/douo/salmonpark_chitose/
第4位:ウトナイ湖
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/douo/post_108/
第5位:あしょろ銀河ホール21
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/doto/post_84/
第5位:かみしほろ
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/douo/post_126/

東北エリアでは「オール米沢」を体感できる「米沢」が人気に

東北エリアでは、米沢市の道の駅「米沢」がトップとなりました。山形県の南部に位置する置賜(おきたま)地方の「オール米沢(置賜)」を体感できる道の駅で、米沢牛をはじめとする絶品グルメを堪能することができます。アクセスは東北中央自動車道「米沢中央IC」からすぐ。JR米沢駅からは車で約10分、山形空港からは車で約1時間です。

東北エリアの第1位から第5位までのランキングは以下の通り。

第1位:米沢(山形県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/yamagata/post_258/
第2位:猪苗代(福島県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/fukushima/post_287/
第3位:なみえ(福島県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/fukushima/post_292/
第4位:国見 あつかしの郷(宮城県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/fukushima/post_288/
第5位:村田(宮城県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/miyagi/post_201/
第5位:高田松原(岩手県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/iwate/post_157/

関東エリアでは富士山が真正面に見える「富士吉田」がトップ。

関東エリアでは、道の駅ランキングで上位に入ることが多い山梨県の「富士吉田」がトップとなりました。富士山が真正面に見える道の駅で、リフレッシュエリアとして富士山アリーナ、富士山レーダードーム館など様々な施設を楽しむことができます。中央自動車道「河口湖IC」から約10分、「富士吉田西桂スマートIC」から約15分、東富士五湖道路「山中湖IC」から約10分というアクセスです。

関東エリアの、第1位から第5位までのランキングは以下の通り。

第1位:富士吉田(山梨県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/yamanashi/post_527/
第2位:ごか(茨城県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/ibaraki/post_301/
第3位:かさま(茨城県)
公式HP:https://m-kasama.com/
第4位:グランテラス筑西(茨城県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/ibaraki/glanterrace_chikusei/
第5位:しもつけ(栃木県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/tochigi/post_324/

中部・北陸・近畿エリアの人気の道の駅ランキング

中部エリアの人気№1は、富士の恵みを集めた市場「ずばしり」

中部エリアでは、富士山に一番近い道の駅を謳う静岡県の「ずばしり」がトップになりました。「富士山の恵みを集めた市場」のコンセプト通り、富士山麓の地場野菜や地元銘菓、富士山銘菓を購入できます。アクセスは、東富士五湖道路「須走IC」からすぐ、東名高速「御殿場IC」から約20分、新東名「新御殿場IC」から約10分です。

中部エリアの第1位から第5位は以下の通りです。

第1位:すばしり(静岡県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/shizuoka/post_666/
第2位:潮見坂(静岡県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/shizuoka/post_663/
第3位:いが(三重県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/mie/post_703/
第4位:伊豆ゲートウェイ函南(静岡県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/shizuoka/post_669/
第5位:とよはし(愛知県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/aichi/post_687/

北陸エリアでは、世界最大級のヒスイの原石が展示されている「親不知ピアパーク」がトップ

北陸エリアでは、新潟県糸魚川市にある道の駅「親不知ピアパーク」がトップとなっています。親不知ピアパークは、雄大な自然や海鮮料理等が楽しめるだけでなく、ヒスイの産地らしく世界最大級102tのヒスイの原石も展示されています。アクセスは、北陸自動車道「親不知IC」から車で約2分。

北陸エリアの第1位から第5位のランキングは以下の通り。

第1位:親不知ピアパーク(新潟県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/nigata/post_443/
第2位:のと千里浜(石川県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/ishikawa/post_498/
第3位:氷見(富山県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/toyama/post_470/
第4位:高松(石川県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/ishikawa/post_475/
第5位:うみてらす名立(新潟県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/nigata/post_451/

近畿エリアのトップは、2021年10月にオープンしたばかりの道の駅「南えちぜん山海里」

近畿エリアでは、2021年10月にオープンしたばかりの福井の「美味しいもの」が集まる公園一体型の道の駅「南えちぜん山海里」がトップです。北陸自動車道「南条サービスエリア」に隣接(上り線)していて、高速道路からも一般道からもアクセスすることができます。

近畿エリアの第1位から第5位のランキングは以下の通り。

第1位:南えちぜん山海里(福井県)
公式HP:https://kineno-nanjo.com/
第2位:針T・R・S(奈良県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/nara/post_798/
第3位:マキノ追坂峠(滋賀県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/shiga/post_718/
第4位:塩津海道 あぢかまの里(滋賀県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/shiga/post_721/
第5位:お茶の京都 みなみやましろ村(京都)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/kyoto/post_744/

中国、四国、九州・沖縄エリアの人気の道の駅ランキング

中国エリアでは、広島県の「みはら神明の里」がトップ

トップに選ばれた「みはら神明の里」は、広島県三原市の道の駅で、瀬戸内海の景色と三原名物のタコ等、多くの名産品とグルメがいっぺんに楽しめるスポットです。アクセスは、山陽自動車道「三原久井IC」から約20分です。

中国エリアの第1位から第5位のランキングは以下の通り。

第1位:みはら神明の里(広島県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/hiroshima/post_919/
第2位:きなんせ岩美(鳥取県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/tottori/post_852/
第3位:一本松展望園(岡山県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/okayama/post_891/
第4位:清流茶屋かわはら(鳥取県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/tottori/post_848/
第5位:ソレーネ周南(山口県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/yamaguchi/post_944/

四国エリアでは、未来志向型の道の駅「いたの」がトップ

四国エリアでトップになったのは、徳島県板野町にある道の駅「いたの」。2021年4月にオープンし、全国初の移動式水素ステーションが併設されるなど未来志向型の道の駅です。足湯、ドッグラン、レンタサイクル等もあります。高松自動車道「板野IC」から約5分というアクセスです。

四国エリアの第1位から第5位のランキングは以下の通り。

第1位:いたの(徳島県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/tokushima/post_964/
第2位:南国風良里(高知県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/kochi/post_1017/
第3位:第九の里(徳島県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/tokushima/post_960/
第4位:たからだの里さいた(香川県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/kagawa/post_978/
第5位:源平の里むれ(香川県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/kagawa/post_982/

九州・沖縄エリアでは、福岡県の「くるめ」が人気

九州・沖縄エリアでは、福岡県久留米市の道の駅「くるめ」がトップとなりました。農産物の出荷量、品数共に県内トップクラスの道の駅で、ソフトクリームやちゃんぽんが人気です。アクセスは、九州自動車道「久留米IC」から10分~15分です。

九州・沖縄エリアの第1位から第5位のランキングは以下の通り。

第1位:くるめ(福岡県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/fukuoka/post_1046/
第2位:香春(福岡県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/fukuoka/post_1047/
第3位:なかつ(大分県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/oita/post_1130/
第4位:豊前おこしかけ(福岡県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/fukuoka/post_1037/
第5位:筑前 みなみの里(福岡県)
施設情報ページ:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/detail/fukuoka/post_1052/

「道ゆき」では、チェックインクエストを開催中

なお「道ゆき」では現在、「第1回登録道の駅“100駅”チェックインクエスト!」を開催しています。

お題をクリアしながら道の駅をめぐる周遊型のチェックインイベントで、「初級」「中級」2つの難易度に分かれたクエストをクリアした方には、抽選で道の駅にちなんだプレゼントも用意されています。

6月30日(木)まで開催されている「第1回登録道の駅“100駅”チェックインクエスト!」に関する詳細は、下記特設サイトをチェックしてください。

■第1回登録道の駅“100駅”チェックインクエスト!
https://web.michiyuki.jp/cp/event_the1st
■あわせてチェック! 全国の道の駅情報
https://www.mobilitystory.com/michinoeki-top/

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-