B!

道の駅に立ち寄ってそのままキャンプ体験! 丹後王国「食のみやこ」にグランピング施設がオープン

京都府京丹後市にある道の駅 丹後王国「食のみやこ」に、西日本の道の駅初となるグランピング施設が誕生します。オープンは2021年12月16日(木)予定で、1日1組限定の最大4名まで利用することができます。

車旅の途中で道の駅に立ち寄るだけでなく、グランピング施設に宿泊しそのままキャンプ体験もできる道の駅 丹後王国「食のみやこ」をご紹介します。

西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」


道の駅 丹後王国「食のみやこ」は、西日本最大級の道の駅で甲子園球場8個分の広さだそう。

アクセスは、京都縦貫自動車道「京丹後大宮IC」から約15分。日本三景の一つであり京都の人気観光スポットである「天橋立」からは約35分と、周辺観光が充実しています。

駅内にある「トン‘s キッチン」では京都が誇るブランド豚「京丹波高原豚」を堪能でき、「山と海 with 日本海牧場」では京丹後牛に丹後の旬な野菜を楽しむことができます。丹後のフルーツや焼き立てパンなど、まさに食の都という充実のラインナップです。



物産も充実していて、お土産探しにもピッタリの道の駅です。丹後のクラフトビールや地酒は豊富な取り揃え、自家製のソーセージや手作りチャンジャも人気だそう。 食だけでなくアクティビティも楽しむことができ、季節にあわせた収穫体験や小さな動物園でヒツジやヤギなどとふれ合えます。

そんな施設充実の道の駅 丹後王国「食のみやこ」に、新たにグランピング施設が誕生します。

グランピングにはテントサウナやジャグジーも

 
グランピング施設への宿泊は豊かな自然を感じられるドーム型テント、1日1組限定のプライベート空間で極上のキャンプ体験をすることができます。テントサウナやジャグジープールも設置されるそう。

食事は、京丹波高原豚や新鮮な海の幸、旬の野菜など、丹後地域の食材を使用したオリジナルバーベキューや懐石料理。

グランピングの宿泊料金は、1名あたり1泊2食付きで22,150円(税込)~となっています。



グランピングに宿泊すれば、道の駅内の小さな動物園などのアトラクションが利用可能で、全長7m超え、見た目もリアルな動く恐竜のモニュメントもあります。キャンプ体験とあわせて、子どもも大人も大喜びの一日になるのではないでしょうか。

車旅の途中で立ち寄るだけでなく、グランピング体験を目的に旅の目的地にもなる道の駅 丹後王国「食のみやこ」は、12月16日のオープンに向け予約受付中。予約やグランピング施設に関する詳細は、下記公式HPをご確認ください。

公式HP:https://www.hotel-tango-kingdom.com/theme160.html

■関連記事
・全国道の駅情報:https://www.mobilitystory.com/michinoeki-top/
・京都府の道の駅:https://www.mobilitystory.com/michinoeki/kyoto/

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-