B!

こんな車で旅に行けたら...。ラウンジシートを搭載したプレミアムな車内空間が魅力のRVランドのバンコン「リノ プレミアム」

茨城県常総市に本社を置くRVランド。本社敷地内にあるキャンピングカー展示場には同社オリジナル車両や高級キャンピングカーの HYMER(ハイマー)等、国内外のキャンピングカーが常時60台ほど展示されていて、その展示数は国内最大級。まさに「キャンピングカーの楽園」と呼ぶにふさわしい日本屈指のキャンピングカービルダーです。

そんなRVランドが手掛けるオリジナルキャンピングカーが、「Lino Premium(リノ プレミアム)」です。ダイネットにラグジュアリーなU字型のラウンジシートを配置し、キッチンスペースは運転席・助手席のすぐ後ろにL字型でひとまとめに。

乗車定員は8名ながら、就寝人数は3名。夫婦2人旅等でU字型のシートに座ってテーブルを囲んで、ゆったり贅沢な2人旅を楽しんでほしいというRVランドの想いが込められた一台、「リノ プレミアム」をご紹介します。

U字型のソファでゆったりプレミアムな時間を

リノ プレミアムのベース車両は、トヨタのハイエース。バンコンタイプなので、いわゆるキャンピングカーのキャブコンタイプよりも、普段使いしやすいクルマです。

↓ 「バンコン」「キャブコン」って? キャンピングカーの種類と特徴を解説! ↓

普段使いも可能なキャンピングカーですが、リノ プレミアムはハイエースの広い車内空間を贅沢でプレミアムな環境に架装。ダイネットというよりも、ゆったりとくつろげる居心地の良いリビングを搭載したキャンピングカーです。

クルマの中とは思えない、贅沢にテーブルを囲めるリビングが魅力のリノ プレミアムですが、ソファの下や上部にある大容量のキャビネット等、収納スペースもしっかり用意されているため、長期のクルマ旅にも安心して出かけられる一台です。

就寝時にはソファがベッドになり、ゆっくり横になって読書をしたり、翌日の旅プランを考えたり、テレビ(オプション)を見ることができます。ベッドはクイーンサイズ(長さ:1,900mm × 幅:1,700mm)なので、夫婦2人で足を伸ばしてゆっくり休むことができます。

撮影車両はコンセプトモデルであり、上画像のシートカラーはオプションのカラーです。また、ナチュラルカラーの家具も今後展開を検討しているカラーで、標準モデルはよりシックな茶色です。

近頃は移動できるオフィスとして活用する方も増えているようで、旅先でも落ち着いて集中できることから車内で仕事をしたり、旅先でキャンピングカーの車内からリモートで会議に出席という方も増えていて、さらにはU字型のシートを活かして出先で会議スペースにするという方もいるようです。

この記事をシェア

B!
  • ASOMOBI
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-
  • 雨飾高原キャンプ場
  • LANTERN CAMPING FIELD TSUGAIKE
  • LANTERN CAMPING FIELD MORIYA | 茨城県守谷市のキャンプ場