B!

マツダの歴史やヒストリックカーを堪能できる「マツダミュージアム」が全面リニューアル! 5月23日から一般公開

広島県のマツダの本社敷地内にある「マツダミュージアム」が全面リニューアルし、2022年5月23日(月)から一般公開されています。マツダミュージアムの見学は無料で、公式HPからの完全予約制。アクセスは、JR向洋駅南口から徒歩5分です。

リニューアルオープンしたマツダミュージアムは、エントランスホールに最新車両が展示されていて、その後は10の展示ゾーンで構成されています。各ゾーンでテーマにあわせたマツダのモノ造りへの想いと、これからの100年に向けたマツダのビジョンを体感することができます。

マツダの「これまで」と「これから」に触れられるミュージアム

マツダミュージアムの見学者は、マツダのブランドスタイルを表現したホールと最新のマツダ車に迎えられ、ゾーン1の「1920年~1959年:モノ造り精神の原点」からマツダの歴史を知ることができます。

ゾーン2・3、5・6・7では、「1960年~:総合自動車メーカーとしての歩み」として、総合自動車メーカーへ、国際的な企業へ躍進していく様子や、1980年代~の「攻め」の戦略などを見学できます。

ゾーン4ではモータースポーツへの挑戦。ゾーン8でマツダが誇る技術、人を第一に考えるモノ造りを知り、ゾーン9では生産ラインの見学も可能です。最後のゾーンとなるゾーン10では、100年に向けたマツダのビジョンが展示されています。

リニューアルに伴い、ミュージアム全体がマツダの最新ブランドコンセプトで統一され、ミュージアム全体でマツダの「これまで」と「これから」をストーリー性もって体感することができます。

広島県府中町のマツダ本社を訪れる方は実際に現地で、距離的に難しいという方は4月に「オンラインミュージアム」が開設されているので、そちらでお楽しみください。見学予約、オンラインミュージアムは、下記リンクよりご確認ください。

見学予約はこちら
オンラインミュージアムはこちら

■関連記事
話題の絶景に絶品グルメを求めて。愛犬と一緒に楽しめる下関のオススメ絶景スポット
マツダの新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」。日本では今秋販売開始!

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-