B!

あの"SONY"のクルマ「VISION-S」の美しいデザイン。SUVタイプ「VISION-S 02」を日本初公開

電気自動車(EV)事業への参入を表明しているソニー(SONY)は、東京・二子玉川で開催された「EV:LIFE FUTAKOTAMAGAWA」で、試作車「VISION-S(ビジョンS)」の「VISION-S 01」と「VISION-S 02」を展示しました。

VISION-S 01 はクーペ版で、VISION-S 02 はSUVタイプ。VISION-S 02 は、2022年1月にラスベガスで開催されたハイテク技術の見本市である「CES 2022」で発表されたばかりの車両で、日本初公開です。

「VISION-S 01」のエクステリア

ソニーがつくる車への関心はやはり高いようで、イベント会場では多くの方が足を止めて、展示されていた2台を見学していました。

美しいエクステリアデザインが印象的なソニーのEV「VISION-S 01」と「VISION-S 02」を、画像を中心にご紹介します。

クーペ版「VISION-S 01」のフロントビュー

「VISION-S 01」のサイドビュー

「VISION-S 01」のリヤビュー

サイドミラーは鏡なし。カメラとデジタルセンサーの電子ミラー



「VISION-S 01」のインテリア

インパネ部分には車幅いっぱいにディスプレイを設置
左右それぞれに電子ミラーの映像が映し出されます

運転中も音楽を楽しめるように
シートと一体になったスピーカー

画像出典:SONY

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-