B!

【日本初導入】JEEP ラングラー譲りの無骨なデザイン! ピックアップトラック「グラディエーター・ルビコン」

FCAジャパン株式会社は、JEEP(ジープ)伝統のオフロード走破性を備えたピックアップトラック「Gladiator(グラディエーター)」を、日本に初めて導入しました。

2021年11月30日(火)から全国のジープ正規ディーラーで受注を開始しています。 日本に導入されるグラディエーターのモデルは、ジープでも最強のオフロード性能を誇る「ルビコン」仕様。ボディカラーは全9色展開となっていて、インテリアカラーはブラックかブラック/ダークサドルの2色から選択できます。

日本でも人気の SUV ジープ「ラングラー」譲りの無骨なデザインのピックアップトラック「Gladiator Rubicon(グラディエーター・ルビコン)」、価格は7,700,000円(税込)です。

日本初導入の「グラディエーター・ルビコン」



「グラディエーター」は、1963年に初代が登場し、その後20年以上製造されたジープのピックアップトラック。

「グラディエーター・ルビコン」に付けられた「ルビコン」というネーミングは、ジープの聖地と呼ばれ世界一過酷と言われるオフロード「ルビコン・トレイル」から名づけられたもの。ジープの試乗会が行われるロードを名に持つグラディエーター・ルビコンは、ジープの中でも最強のオフロード性能を誇る一台です。



グラディエーター・ルビコンの顔はジープ伝統の 7スロットグリルで、全長は5,600mm。ホイールベース(3,490mm)でラングラー・アンリミテッドよりも 480mm 延長しています。

車体の骨格に採用されているのは、悪路走破性、けん引能力に優れるボディ・オン・フレーム構造で、剛性・耐久性の高い設計だそう。前方には、前方下部の映像を映すオフロードカメラが搭載されています。

3枚のパネルで構成されているトップ部分は、軽量で取り外し可能になっていて、3枚すべてを外して風を感じながら走ることもできます。

ボディカラーは全9色展開です。
※スナッズベリーとハイドロブルーはパールコート塗装代で55,000円(税込)別途かかります。

上質なデザインに先進テクノロジー搭載のインテリア



インテリアは、「ブラック」「ブラック/ダークサドル」の2色を、全9色のボディカラーと組み合わせることができます。

Bluetooth接続可能なオーディオナビゲーションシステム(Uconnect)に、スピーカーはサブウーハー付のアルパイン製プレミアムサウンドシステム。



リアシートは荷物に合わせてアレンジすることが可能で、2分割できるシートを個別に倒すこともできます。リアシート背後やシート下には収納スペースもあり、利便性を高めています。

「Gladiator Rubicon(グラディエーター・ルビコン)」車両情報



■公式HP:https://www.jeep-japan.com/gladiator.html
■価格:7,700,000円(税込)
※パールコート塗装車は7,755,000円
■ボディサイズ:
全長5,600×全幅1,930×全高1,850mm
■エンジン:V型6気筒 DOHC
■総排気量:3,604cc
■乗車定員:5名
■トランスミッション:8速オートマチック
■駆動方式:
後2輪・4輪駆動・オンデマンド方式4輪駆動(選択式)

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-