B!

【バンライフ仕様車へのDIY】冬時期の寒さ対策に行った施策とその結果

夏場のバンライフ・車中泊といえば「暑さをどうするか」といったことが課題となりますが、当然冬場はその逆。車内で過ごす際にどうやって暖を取るか、車内の温度を下げないためにどうするか、といった「寒さ対策」が必要となってきます。

寒さ・暑さ対策のどちらも、車中泊を始めるよりもっと前の段階である「車内を車中泊仕様にDIYする」ところからスタートしておくと、その後の車中泊で寒さに苦労することが少なくなるのは、当然といったところでしょうか。

そこで今回の記事では、筆者夫婦が休日バンライフ(車中泊旅)のために行った、冬の寒さ対策や施策と、実際に冬の寒い時期に車中泊をしてみた感想、今後追加して行いたい対策についてお話していきたいと思います。

冬は「寒い」という理由で車中泊を避けている方や、これから車中泊を予定していて有効な寒さ対策を知りたいという方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

冬時期の車中泊で「寒さ対策」が必須な理由

寒い冬の季節の車中泊。車内ではできるだけ温かく過ごしたいものですが、特に対策をしなければ、車の中は屋外と同じくらいまで温度が下がりとても寒くなります。そのままの状態でずっと車内に滞在し、快適にぐっすり眠ることは難しいです。

また、ただ「寒い」「眠れない」だけならまだ良いのですが、寒い車内に留まることで体温が下がると、体調を崩してしまったり、場合によっては命に関わる可能性もあります。

そのため、冬の車中泊では安心して温かく車内で過ごすために、車中泊のための「寒さ対策」が必要になってくるのです。

DIYで行った「寒さ対策の施策」

筆者が冬の車中泊を想定してDIY時に車内に施した寒さ対策は、主に3点あります。

壁の木材の内側に断熱材を使用

まず壁の木材の内側に断熱材を使用したこと。断熱材を使用することで寒さの厳しい冬場でも車内の温度が下がりすぎないようにしています。

カーテンで窓の周囲やドアの下側からの冷気をストップ

そしてカーテン。窓のある位置にはすべて目隠しのために厚手のカーテンを取り付けてあるのですが、カーテンは幅を広め、長さをできるだけ長めに作ることで、窓の周囲やドアの下側から冷気が入ってこないようにしています。

電源の位置が大事

最後は電源の位置。車内で電気の暖房器具を使用するため、ポータブルバッテリーを常時置いておける場所をあらかじめ確保しておきました。これにより電気毛布やヒーターを使用する際、電源を取るのがとてもスムーズになりました。

また我が家は取り入れなかったのですが、「FFヒーター」というエンジンを切った状態で使うことが可能なヒーター(暖房)を、DIYの際に設備として取り入れる方も増えてきています。

断熱材を使用した状態の車内でFFヒーターを使うことができれば、その他の暖房設備はいらないくらい車内を温めることができるようです。

実際に車中泊をしてみてどうだった?

車中泊仕様にDIYしたバンで実際冬時期に車中泊を何度かしていますが、断熱材とカーテン、車内で使用する暖房器具がすべてそろっていれば、安心して車内で温かく過ごすことができました。

車中泊を始めた頃は「電気毛布の温度を上げすぎて早朝にポータブル電源の容量が尽きてしまう」といった失敗もありましたが、失敗をしたことでさまざまなことに気づくことができました。

いまでは電気毛布の温度を調節したり、厚みのある毛布を1人1枚ずつ用意したり、ポータブル電源を複数個持ち歩くなどの工夫をすることで、問題なく冬に車中泊を楽しむことができています。

冬の車中泊で寒さ対策に役立つ便利なグッズ

筆者が車中泊時の寒さ対策として持ち歩いているアイテムの中で、特に役立ったと思うアイテムは、ポータブル電源で稼働することができる「電気毛布」です。

冬場の車中泊の際には常にポータブル電源を満充電にしておき、寒くなったらすぐに布団に入って温まることができるよう、ベッドに電気毛布を敷いた状態で出かけるようにしています。

想像以上に寒かった場合でも、電気毛布の電源をつけて布団に入ってしまえば寒さに震えることはほぼありません。また起きている時間も、ベッドで電気毛布の上に座り、上に布団を膝にかけた状態で過ごせば、ポカポカと温かい状態で本を読んだり映画を観たりして過ごすことが可能です。

電気毛布は体を芯から温めることができる便利なアイテムですが、ポータブル電源の容量が尽きてしまうと使うことができなくなってしまうので、その点のみ注意が必要です。

筆者も車中泊の途中で凍えてしまわないために、ちゃんと充電したポータブル電源を常に2個以上持ち歩くよう心がけています。

ストールやパーカー、ホッカイロもあると安心

電気毛布と合わせて持ち歩くようにしているのが、寒さを感じたときにパッと羽織ることができるストールや厚手のパーカー。

着るもの、羽織るものを少し多めに車に積んでおくことで、車内・車外で寒さを感じたときにすぐ対応することが可能になります。

また着ている服に貼るだけで直接お腹や背中などを体を温めることのできる、貼るタイプの使い捨てカイロもあると便利。特に筆者は冷え性なので使用場面も多く、常にいくつか車に積んで持ち歩いています。

使い捨てカイロがあれば、体の一部が急激に冷えてしまったときや、寒さや冷えが原因で急に体調が悪くなってしまったときなどに、袋から取り出してすぐ体を温めることができますよ。

これから考えている冬の車中泊の施策は?

冬場はしっかりと断熱材を使用してDIYした車内で、厚着をしたり電気毛布を使用して過ごしていますが、車内でもっと温かく過ごせないかと、現在も試行錯誤を続けています。

そこで筆者夫婦が今年追加で取り入れたのは、少ない電力で稼働することができるパネルヒーター。車内に収納する際にも邪魔にならないスリムな本体と、多くの電力を必要としない省電力構造ということもあり、試してみる価値があるのではないかと購入してみました。

狭い車内、大きめのポータブル電源をいくつも持参するというのはかなり難しいですよね。そのため、今回購入したパネルヒーターや小型のヒーターなど、あまり電力を使わずに使用できる暖房器具を、これからもどんどん試していきたいと考えています。

さまざまなアイテムを試して最適なものを選び、寝ている時間以外も車内で暖かく快適に過ごせるようになると、旅がもっと楽しくなるのではないでしょうか。

試行錯誤も旅の醍醐味! 寒さ対策も楽しむ車中泊

今回の記事では、筆者夫婦が休日バンライフ(車中泊旅)のために行った、冬の寒さ対策やその結果についてご紹介しました。

今回は主にDIY時や車内での対策についてお話をしてきましたが、例えば寝る前に日帰り温泉などに立ち寄って体を芯まで温めたり、鍋など温かい食べ物を取って内側から体を温めるといったことも、車中泊の寒さ対策として有効です。

筆者は寒さを逃すための対策を考えて試し、試行錯誤を繰り返すことも車中泊旅の醍醐味と捉えています。一生懸命対策を考えても時には失敗することもあるかもしれませんが、失敗したときは無理をせず近隣のホテルに宿泊したり、自宅に帰る選択をしても良いのではないでしょうか。

大切なのは「旅を楽しむ気持ち」。失敗してしまってもまた次回楽しめるよう新たな対策を考えれば良いのです。

今回の記事を参考に、「寒いから」という理由だけで冬の車中泊旅を避けたりせず、さまざまな工夫をして冬の車中泊も快適に楽しんでくださいね。

■関連記事
我が家の車中泊"目隠し"テクニック。プライバシーは自作カーテンで確保
・【バンライフ仕様車へのDIY】冬時期の寒さ対策に行った施策とその結果
【バンライフ仕様車へのDIY】我が家はここから始めました!
箱根を車旅にオススメする理由と渋滞回避方法を、箱根在住の筆者がお教えします
日帰り車旅の目的地に箱根を選んだら...。車で巡るモデルコースを箱根在住の筆者が案内します
簡単に真似できる! バンライフの収納に役立つ"4つ"のアイデア
低価格だけど全部揃う! 車中泊の調理器具におすすめしたい「カクセーのキャンピング鍋 8点セット」
旅行シーズン到来! 秋の車旅におすすめしたい「関東近郊の観光スポット」3選
夫婦の車旅のポイントは「居住性」。快適な車中泊ライフの送り方とそのアイデア
バンライフの洗濯、洗い物ってどうするの? 車中泊で使える水回り問題を解消するテクニック
格安で食材がそろう「業務スーパー」車旅での活用方法
休日(週末)バンライフ歴2年半で、これまでに経験した車中泊旅のトラブルとは?
【休日バンライフの始め方:前編】休日バンライフ歴2年半の筆者が考える「バンライフ・車中泊の必需品」とは
【休日バンライフの始め方:後編】休日バンライフに持参してよかったアイテム&便利だったもの5選!
夏時期にオススメしたい車中泊スポットと、暑がり夫婦の車中泊先の探し方

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-