B!

日帰り車旅の目的地に箱根を選んだら...。車で巡るモデルコースを箱根在住の筆者が案内します

箱根は都心からのアクセスも良く、日帰り旅に最適な観光地のひとつ。

カフェやレストラン、旅館やホテル、日帰り温泉や絶景スポット、海賊船やロープウェイ、パワースポットとして有名な神社など、観光名所や乗り物もたくさんあり、季節ごとに違う楽しみ方を選択できることから、かなり人気が高い観光地として有名です。

今回の記事では、箱根に移住して5年となる筆者が、箱根車旅のおすすめ日帰りコースや、ぜひ訪れて欲しいおすすめスポットをご紹介していきたいと思います。

これから箱根に車で旅にいく予定があるという方、日帰りでふらっと箱根にいきたいな、と考えている方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

箱根在住の筆者がオススメする「箱根日帰り車旅モデルコース」

箱根在住の筆者が、車での日帰り旅モデルコースを作ってみました。これから箱根を訪れる予定のある方は、ぜひ以下のコースを参考にしてみてください。

朝早く箱根湯本に到着。宮ノ下で朝ごはん

車旅なら混雑を避ける意味でも、午前8時半頃には箱根湯本周辺に到着するよう、少し早めに家を出発するのがおすすめ。

早めに到着することで渋滞を回避できますし、時間にゆとりを持ち、長い時間箱根を楽しむことが可能になります。

箱根に到着したらそのまま宮ノ下方面へ向かい、朝食タイム。富士屋ホテル前にある「ベーカリー&スイーツピコット」は9時にはオープンしています。店内に飲食スペースがありますので、オープンすぐの店舗で焼きたてパンの朝食をゆっくりといただくことができます。

土日ならピコットを通り過ぎた先にある「箱根 自然薯の森 山薬(やまぐすり)」が朝7時にオープンしています。こちらの店舗では自慢の自然薯とろろや麦飯、小田原の干物など大充実の「究極の朝ご飯」を楽しむことができます。

平日も10時にはオープンし「至高の昼ご飯」を味わうことが可能。

ピコット、山薬どちらも無料駐車場完備です。安心して車を停め、ゆっくりと朝食を味わってください。

宮ノ下→昨年リニューアルオープンしたばかりの早雲山駅へ

宮ノ下で朝食を堪能したら、そのまま車で大涌谷手前にある早雲山駅に向かいます。

2020年7月にリニューアルオープンした早雲山駅。駅前は箱根町内で数少ない無料駐車場になっています。オンシーズンでも早い時間帯なら、無理なく車を停めることが可能です。

早雲山駅前の無料駐車場に車を停めて駅構内でお土産を買ったり、ティータイムを楽しんだり、そのままロープウェイに乗って大涌谷まで向かうこともできますよ!

駅構内に入りエレベーターかエスカレーターで上階へ上がると、絶景が楽しめる足湯つきの展望テラスが! 標高757mの位置にある展望テラスからは、箱根外輪山を一望することができます。

駅構内ではドリンクも販売されていますので、のんびりと足湯に浸かりながら箱根の山々を眺め、限定ドリンクを味わう、なんて過ごし方もいいですね。

新しい施設なので、トイレもとてもきれいですよ!

早雲山から大涌谷へは、車かロープウェイで

早雲山駅の次は箱根の観光名所でもある大涌谷へ。大涌谷へは車で向かっても良いですし、早雲山に車を停めてそのままロープウェイで向かってもOK。予算と時間、気分で自由にチョイスしてみてください。

大涌谷は土日祝日やオンシーズン(夏休みや年末年始、紅葉シーズンや春休みなど)は大変混み合うため、午前中早めの時間に向かうのがオススメです。

大涌谷で「1つ食べると7年寿命が延びる」と言われている、名物「黒たまご」を購入。他にもたくさんある大涌谷限定のお土産を選んだり、あちこち散策するのもよいですね。

ランチは芦ノ湖周辺で。人気店が多いためこちらも早めに到着を

大涌谷のあとは、下記でおすすめスポットとしてもご紹介している「芦ノ湖」へ向かいます。芦ノ湖付近の店舗でランチをしたり食べ歩きをしたり、お買い物を楽しんだりと、長い時間を楽しむことができます。

海賊船や遊覧船に乗って芦ノ湖を1周することも可能です。海賊船や遊覧船を利用する予定の場合は、船の出発時間が決まっていますので、時間に余裕を持ってスケジュールを立ててくださいね。

最後に湯本に戻って買い物やお茶など駅前を散策したい場合は、渋滞回避+駅前の混雑回避のため、15時〜16時には湯本駅前に到着できるよう、14時台前半には芦ノ湖を出発すると良いでしょう。

箱根湯本駅前は駐車場も数が少なく争奪戦となります。早めに到着しておけば駐車場にも空きがあり、ゆっくりとお買い物を楽しめますよ。

箱根車旅おすすめスポット①芦ノ湖

車旅に1番おすすめしたいのが芦ノ湖周辺。その理由は、芦ノ湖周辺には無料・有料ともに駐車場が充実しているということ。箱根町内は意外と車を停められる場所が少なく、駐車場を探しているうちに日が暮れた、なんてことが冗談でなく起こります。

芦ノ湖周辺は箱根でも人気スポットのひとつではありますが、土日祝日やオンシーズンなどの混雑時や混雑する時間帯(ランチタイムなど)を避けることにより、スムーズに車を停めて長い時間散策することが可能です。

芦ノ湖周辺には飲食店が多く、ホテルでのランチも可能です。土産店も駐車場完備の場所が多いことから、こちらでお土産を購入する予定で向かっても良いと思います。

また冬の晴れた日には、上の写真のように美しい富士山を望むことができます。箱根海賊船の元箱根港から箱根町港付近では、箱根神社の鳥居と富士山、芦ノ湖をすべて画角内に納めることができる位置がありますので、ぜひカメラを持っておでかけしてみてはいかがでしょうか。

箱根車旅おすすめスポット②美術館

箱根には美術館がたくさんあるのをご存知でしょうか。「箱根彫刻の森美術館」は有名なので知っている方も多いとは思いますが、それ以外にも仙石原には「星の王子様ミュージアム」や「ラリック美術館」、「箱根ガラスの森美術館」など人気の高い美術館が多く存在します。

特にガラスの森美術館は人気が高く、庭園内のキラキラと光るクリスタルガラスのアーチ「光の回廊」を目当てに、カップルやご夫婦・家族連れなど、季節を問わず滞在する方が多い印象です。

またポーラ美術館やラリック美術館など一部の美術館は、レストランのみの利用が可能。入館料を払う必要がないため、ランチやティータイムに滞在するのもおすすめです。
(*入館料の要・不要は美術館ごとに公式サイトをご確認ください)

美術館内のレストランということもあり、どこもとても明るく雰囲気の良いスペースとなっており、自然の中でゆったりとした時間を過ごすことが可能です。

しっかりとしたコース料理がいただけるレストランも多いので、箱根でランチに困ったら美術館を目指してみても良いかもしれません。

「美術館はあまり興味がない」という方も、ぜひ一度レストラン目当てで訪れてみてください!

次の週末は絶景や買い物、温泉が楽しめる箱根へ!

今回は、箱根在住の筆者が、箱根日帰り車旅のモデルコースや箱根のおすすめスポットなどをご紹介しました。

今回は「箱根ゴールデンコース」を辿るように、湯本から大涌谷に向かい、その後芦ノ湖から湯本方面へ戻るルートをご紹介しましたが、混雑するシーズンや土日は、渋滞回避のためにあえて湯本から芦ノ湖へ向かう「逆回り」もおすすめです。

その時々で周り方を変えたり、ランチに立ち寄る店舗を変えるだけでも変化があり、何度訪れても違う楽しみ方をチョイスできるのが箱根のよいところです。

次の週末は、車で箱根に遊びにきてみてはいかがでしょうか。

■関連記事
我が家の車中泊"目隠し"テクニック。プライバシーは自作カーテンで確保
【バンライフ仕様車へのDIY】冬時期の寒さ対策に行った施策とその結果
【バンライフ仕様車へのDIY】我が家はここから始めました!
箱根を車旅にオススメする理由と渋滞回避方法を、箱根在住の筆者がお教えします
・日帰り車旅の目的地に箱根を選んだら...。車で巡るモデルコースを箱根在住の筆者が案内します
簡単に真似できる! バンライフの収納に役立つ"4つ"のアイデア
低価格だけど全部揃う! 車中泊の調理器具におすすめしたい「カクセーのキャンピング鍋 8点セット」
旅行シーズン到来! 秋の車旅におすすめしたい「関東近郊の観光スポット」3選
夫婦の車旅のポイントは「居住性」。快適な車中泊ライフの送り方とそのアイデア
バンライフの洗濯、洗い物ってどうするの? 車中泊で使える水回り問題を解消するテクニック
格安で食材がそろう「業務スーパー」車旅での活用方法
休日(週末)バンライフ歴2年半で、これまでに経験した車中泊旅のトラブルとは?
【休日バンライフの始め方:前編】休日バンライフ歴2年半の筆者が考える「バンライフ・車中泊の必需品」とは
【休日バンライフの始め方:後編】休日バンライフに持参してよかったアイテム&便利だったもの5選!
夏時期にオススメしたい車中泊スポットと、暑がり夫婦の車中泊先の探し方

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-