B!

夫婦の車旅のポイントは「居住性」。快適な車中泊ライフの送り方とそのアイデア

自宅より狭い車内で食事をしたり、寝泊まりをする車中泊。1人でも狭く感じるのに、2人となると「窮屈で過ごしにくいのではないか?」と、ちょっと心配になりますよね。

筆者が車中泊をする際に使用している車は、車中泊を想定して購入した商用バンのため、車体の長さはある程度確保できています。しかしハイルーフではないため高さがあまりなく、車内でゆったりと過ごすには多少の工夫が必要です。

そこで今回の記事では、筆者が夫婦ふたりで車旅をする際、快適に過ごすために配慮していることや、居住性を高めるための車種の選び方、DIYのこだわりについてお話をしていきたいと思います。

バンを買ってこれから車中泊仕様にDIYカスタマイズする予定の方も、すでに車中泊を楽しまれているという方も気になる「居住性」のお話。ぜひ記事をチェックしてみてください。

居住性を追求し、車内スペースを広く取れる車種を選択

筆者夫婦は車中泊仕様にDIYカスタマイズした現在のバンを購入する前は、軽自動車を所有し毎週の買い物やおでかけに使用していました。

軽自動車では車中泊に行ったことがなかったのですが、「大きめの車を買ってDIYし、車中泊旅を楽しみたい!」と思って車を買い替えることにし、車内にある程度の広さがあり、DIYのために後部のシートを外すことができる車種ということで、商用バンの「ボンゴブローニイバン」を選んでいます。

購入時に車中泊を想定しているか、そうでないかでも、居住性はかなり違ってくるのではないでしょうか。

1人での車中泊なら、軽バンでもよかったかもしれません。しかし筆者の夫は身長が183cmほどあり、まっすぐになって寝るだけでも軽バンではかなり苦労を伴います。夫婦ふたりとなれば尚更です。

車体が長いことでベッドを常設することが可能となり、食事をしたりくつろぐためのスペースもしっかりと確保できました。

夫婦ふたりでどのくらいのスペースが必要となるか、どの程度ゆったりと過ごしたいのか。また車中泊時どのように過ごす予定なのかを購入前の時点でじっくりと考え、夫婦で相談してから車種を選ぶことで、居住性をグッと高めることができたように思います。

「常設ベッド」でベッドスペースを広く取っていつでもごろりと寝転がれる

車内に広さのある車種を選んだことで、車内で1番場所を取るベッドを常設することができました。ベッドを常設しているとメリットがたくさんあります。

例えば、運転時眠気に襲われた時にも、サービスエリアや道の駅などに立ち寄ってすぐに仮眠を取ることができます。車中泊時はどうしても寝るためにマットレスを敷いたり、シートを倒したりベッド展開したりと「寝る前の作業」が必要となるイメージがありますが、ベッドを常設することでその手間もなく、車を停めたらすぐ横になることができ、かなり便利です。

またベッド下には、ベッドと同じだけの広さの収納スペースを確保。荷物をたくさん積んでも問題なくベッド下に収納することができ、車中泊やアウトドアを楽しむことが可能になりました。

スペースに少し余裕があったため、ベッドサイドにはブックスタンドを設置。本や雑誌を収納し、寝転んだ状態でもサッと取り出せるようにしてあります。インテリア的にも「見せる収納」として、車内の雰囲気作りに大いに役立っています。

車内でベッドを常設すると、当たり前ですが車内で1番スペースを取る場所がベッドになります。そのため、ベッドの上さえきれいに保っていれば、車内全体が整理整頓された印象に。整った車内はそれだけで広さを感じ、過ごしやすい空間を演出してくれますよ。

ベッド横には「折りたたみテーブル」を設置

車内で動画をみたり、ランタンを置いたり、パソコン作業をするスペースを確保するためにテーブルが欲しかったのですが、テーブルをずっと出しておけるだけの広さを車内で確保できませんでした。

そのため夫婦で相談し、ベッド横に折りたたみテーブルを採用して設置。これが大正解でした!

横長のテーブルは跳ね上げ式になっており、走行中や就寝時は折りたたみ、使用するときだけおろしておくことが可能。ベッドをソファのように使い、壁に寄り掛かりゆったりと座って映画鑑賞、なんてこともできちゃいます。

コーヒーなどのドリンクやお菓子やおつまみを置いておくこともできるので、かなり便利に使えます。使わないときは跳ね上げて収納してしまえば、車内で過ごす際邪魔になることもありません。

収納だけでなく「飾りスペース」も確保

「車中泊に必要なもの」としては、寝具や調理道具、着替えなどの衣類やお風呂セットなどがあると思います。

それらの「車中泊に必要」な、たくさんの荷物を車に積んでいく必要があることから、ついつい収納スペースの確保にばかり目がいってしまいがちですが、居住性を高めるためにはちょっとした「飾りスペース」などインテリアを楽しむ工夫も大切。

筆者のバンでは、常設ベッド横の壁面に写真を飾ったり、木製のオーナメントをぶら下げたりしています。先日追加で額に入ったドライフラワーを購入したので、どこに飾ろうかを考えている最中です。

車内の1カ所を趣味のものを飾るスペースにすることで、ちょっと遊び心がでて、車内でも自宅のインテリアのように楽しむことが可能になります。

「ベンチチェスト」は荷物が入り、テーブル代わりにも使える

我が家の車内には、運転席とベッドの間のスペースにベンチチェストを作り固定してあります。このベンチチェストは座って椅子として使用するのはもちろんですが、この上をテーブルのように使ってパソコン作業をしたり、調理の際は調理台としても使用しています。

横長で奥行きもあり、調理やパソコン作業をすることを考慮して作ったためかなり万能。収納力もしっかりとあり、電気毛布や寝るときに着る部屋着などを収納してもまだまだスペースに余裕があります。

寝ている間は荷物置きとしてベッド上のクッションやその他荷物、着替え類を置くなどしており、大人2人がベッドを広く使いゆったり眠るためにも、なくてはならないスペースとなっています。

ちょっとした工夫を重ねて居住性をアップしよう!

今回は、筆者が夫婦ふたりで車旅をする際、快適に過ごすために配慮していることや居住性を高めるためにしてきたことなどをご紹介しました。

筆者のように車を購入する時点で車中泊を想定し、最初から大きい車種を選ぶことができる場合はある程度の広さを確保することも可能。しかし車を買い換えることなくいま持っている車で「居住性を高めて車中泊をもっと楽しみたい」と考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

もともとの車内の広さなどはどうにもできない部分もあるのが事実ですが、少しの工夫で車内を広く使いこなしたり、居心地の良い空間にすることができます。

ぜひ今回の記事を参考に、ご自身の車の居住性を高め、車中泊にぴったりの快適な空間を作り上げてみてください。

■関連記事
【バンライフ仕様車へのDIY】冬時期の寒さ対策に行った施策とその結果
【バンライフ仕様車へのDIY】我が家はここから始めました!
箱根を車旅にオススメする理由と渋滞回避方法を、箱根在住の筆者がお教えします
日帰り車旅の目的地に箱根を選んだら...。車で巡るモデルコースを箱根在住の筆者が案内します
簡単に真似できる! バンライフの収納に役立つ"4つ"のアイデア
低価格だけど全部揃う! 車中泊の調理器具におすすめしたい「カクセーのキャンピング鍋 8点セット」
旅行シーズン到来! 秋の車旅におすすめしたい「関東近郊の観光スポット」3選
・夫婦の車旅のポイントは「居住性」。快適な車中泊ライフの送り方とそのアイデア
バンライフの洗濯、洗い物ってどうするの? 車中泊で使える水回り問題を解消するテクニック
格安で食材がそろう「業務スーパー」車旅での活用方法
休日(週末)バンライフ歴2年半で、これまでに経験した車中泊旅のトラブルとは?
【休日バンライフの始め方:前編】休日バンライフ歴2年半の筆者が考える「バンライフ・車中泊の必需品」とは
【休日バンライフの始め方:後編】休日バンライフに持参してよかったアイテム&便利だったもの5選!
夏時期にオススメしたい車中泊スポットと、暑がり夫婦の車中泊先の探し方

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック
  • 楽器寄附ふるさと納税
  • やまてらす-FUJIWARA OUTDOOR LIVING-