B!

トヨタ アクアが初のフルモデルチェンジ! 価格は198万円~ 全9色のボディカラーで新型アクアが発売開始!

トヨタ自動車株式会社は7月19日、「アクア(AQUA)」の2021年モデルを発表し、19日から発売を開始しました。

アクアは2011年の初登場以来、次の10年を見据えたコンパクトカーとして、コンパクトカーらしい実用性と低燃費・静粛性、手の届きやすい価格で高い支持を得てきました。

トヨタとしては、ヤリスに続くフルモデルチェンジで、新型アクアは初代モデルの良さを受け継ぎつつ、「エコカーのその先へ」をリニューアルのテーマに生まれ変わりました。デザイン、安心・安全、進化した走りに“もしもの時”にも「いい。」車に進化しています。

グレードは「B」「X」「G」「Z」の4種類で、価格は198万円〜259万8000円(税込)での発売となります。

2021年アクアのポイント①:非常時給電システムが全車に標準装備

フルモデルチェンジを果たした新型アクアで、まずご紹介したいのが災害時にも役立つ車への進化です。

AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントに「非常時給電システム」が全車標準装備となりました。オプションではありません。普段はアクセサリーコンセントとして電子機器の充電に、停電などが発生した非常時には、車を停車し非常時給電モードにすればドライヤーなどを使うことができます。

基本的な一般家庭での使用量でお伝えすると、400W使用時で電力供給時間は約5日。スマートフォンなら5000台を充電することが可能です。

この記事をシェア

B!
  • RVロードサービス
  • 国立公園オフィシャルパートナー
  • twitter
  • instagram
  • Facebook
  • キャンプ情報サイト LANTERN
  • moshimoストック